MARIA MANIA
Do you hate vulgar Babaa?
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
まさかの妊娠
■去年の5月に書いた報告です■



ゴールデンウイークの最中、ジャニも休みということもあり、パソコンをちょこちょこ弄っては、家のことをしていたわたくし。 少し、熱っぽいので風邪でも引いたかと何枚も重ね着をしながらうずくまるわたくしにジャニが一言。



「なんかさ~妊娠したっぽくね?」



まさかっなに言ってんだい!

前もおんまじやったど。

しかも、遅れてるっていってもほんの2~3日やん

こんなのいつものことやん。もう、カンベンしてよ~と言いながらも ものはためしで検査薬かってみっか!とおもしろ半分恐さ半分で車に乗り込み薬局へGO!



で、家に帰るなり、トイレで勢い良くおしっこを検査薬にぶっかけるわたくし。



どうせ、結果出ないよ、いつもそうだもん、どうせいつものようにホッとして終わりなのよ♪ などと、心で呟きながらぶっかけるぶっかける、もうええやろというくらい手までびちょびちょ。



あ~すっきりした~と手を洗い、出てきて検査薬を何気にみると

まだ、そんな時間もたってないのに、くっきりと見える妊娠してますのマーク!







「うそん......」







マジマジとみてる、ジャニと娘を横目に一人ベットでうずくまるわたくし。かんべんして、かんべんして、又、あの激痛と戦いそして子育てをしなきゃならないの?

これからのわたしの青春は何処へ行ってしまうの?これから、娘が高校生になり私は満喫した充実した楽しい毎日が待ってると想ってたのになんで、なんで、てかいつ?いつの子よ?







そんなわたくしの苦しみもジャニと娘にはちっとも届かずにとても喜んでるようだ。おしっこまみれの検査薬を二人で交互に握り締めるんじゃないよ、汚い奴らだ。

うそ~マジ~やだ~どうする~などと言ってる割りにはに何故顔はほころんでいるんだ。

しかも、名前どうする?て、今決める事でもないことを



わたしの意見などはそっちのけのようだ。

どうするすら聞きもしない二人が決めた事は



その日の夜中(5月3日火曜日)の「関西行き」だった。



いきなりジャニが言い出した。

今から親に挨拶に行かなきゃ、子供が出来るのに籍入れるのに

親に先報告しなければいけない!



それが筋ってもんだ!



そりゃ分かる、そりゃ、筋通ってますけど、明日の朝、そちらへ伺いますからと親、兄弟にいえないよ。



仕方ない、ここは一番話が出来る姉に電話しよう

こいつなら、ま、どんなことでも聞いてくれるだろう。

突然行っても、双子のよしみでもてなしてくれるだろう

そう想っていたのに、





「なんで、アンタいつもそんな突然なんよっ!」





と腹の底から出た地声で怒鳴る。

しかも、妊娠についても、「おめでとう」という言葉ではなく「マジで産む気か?」それしかいわない。



もうだめだ。

姉がこんな風なのに親になんて電話できない。

今から行きます、向かってますとただそれだけの言葉がこんなに重苦しいなんてあたち、初めてよ(PД`q)



もういいやん、また今度、日を改めて行こうよとジャニに言ったが

本人の覚悟はそれはそれは堅く、なにがなんでもいくと言う



夜の遅くから、荷物を積み込み、11時ごろ東京出発



途中3時間ほど寝てつきました、朝の9時に尼崎。



遠い遠いと東京からはるばる関西へとやってきた私たち、私だけが重苦しい気持ちのままおかんに電話。



しかも、こいつとは最近電話で大喧嘩をしてそれ以来電話してなかったのだ。そんな状態で、なにを言われるか、はたして会ってくれるだろうか?



しかし、私の不安はすべて開放された。



皆、なんとかジャニと会ってくれ、丁寧なおもてなしをしてくれたのだ。



子供が出来た事はただ、私は高齢だからという事を心配してるみたいで

後は何もいわれなく



逆に父親は



もっといい女一杯おるやろうに



俺やったらこんな女いやや



ちゃんと探して選んだのか?



後で返されても困るで



...私、散々な言われようで...



兄に会わした時も最後別れるときにジャニが



「今後とも宜しくお願いします」と頭を下げると



「フッ...可愛そうにな...」と含み笑い。



私、そんなひどい女なのか?

兄や親父にはそんな風にうつっていたのね。

ひどいじゃない

ひどいじゃない

こんな一生懸命やってきたというのに、たかが2回程

ほんの2回程バツが付いてるだけでエライいわれようじゃない?



そして、姉のところでは姉と彼氏にえらい豪勢なおもてなしもうけ

姉と彼氏の大輔花子のようなカラミに爆笑しながら一夜を過ごしました。

どうなることやらとハラハラしながら関西へ帰ってきたけど



結果的には良かったようですわ。

ジャニは念願のうどんとお好み焼きを食べ道頓堀ではグリコの写メール撮ってました。初めての関西が嫌な思い出にならずに良かったねと心からおもいましたわ。



そして、昨日、きちんと病院に行き診察してもらい、6週だということが分かり

なんとか、生むしかなかろう。



覚悟を決めて生む決心をしてしまったわたくし。

これから始める妊婦生活、色々あるとはおもいますが

どぞ、今後ともまりあを宜しくね♪



は~青春が~はぁぁぁ~
スポンサーサイト
2006'02'23(Thu)06:18 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://maria123.blog9.fc2.com/tb.php/30-2cb20038
trackback



     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。