MARIA MANIA
Do you hate vulgar Babaa?
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
汗だくの1歳半検診
あーたん1歳半検診へと出かけてまいりました。



過去16年前の長女の時、男の子顔負けの多動によりものごっついヘトヘトになった記憶があるので嫌々ながらも気合が入っておりました。うちの子ってどうしてこうも多動なんだろう。でもってどうしてよその子って大人しく椅子に座っていられるんだろう。同じ1歳半なのか?何が違うの?食いモンか?動かないようなんか細工でもしてんのか?とりあえず、そんな1歳半検診書きます。今凄いヘトヘトやけど書きます。



まず、会場へ行くと広い部屋で1歳半児についての注意や食事についての注意歯磨きの事など保健士さんか、あれは。誰だ。分からんが、まぁそういった偉い人がお話をするんだがその真ん中であっち行きこっち行きする1歳半の幼児がウジャウジャ。その周りにお母様方がウジャウジャ。それに混じり1歳半の幼児の姉妹、兄弟がウジャリ。でもってお父さんやおばぁちゃんがチラホラ。数にすれば50人は下らない程の人間が真ん中に固まって話を聞くんだ。



こんだけの人数だ。話している保険士さんの話が聞こえるはずなく、しかもウジャウジャといる幼児の中をすり抜けどっか行ってしまうあーたんを捜すのに一苦労。とりあえず、話が終わり。



その後色んな検診を受ける順番を待っているとまたしてもうちの娘が外へ逃げ出したり階段を登り降り捕まえるたびにひっくり返り大声で喚く。とにかく落ち着かせようとお茶を渡すが掘り投げる。このクソガキが!



他の子供は椅子座り~のお母さんに抱かれ~の本読み~のしている。何故かもう帰りたいほどクタクタになっているワタクシ。帰って寝転びたいほどクタクタのワタクシ。まだか。うちの順番まだか。お願いだ。順番変わってくれ!



そうこうしているうちになんとか順番がまわってきたんだ。



保健士さんが座っている前のテーブルにサイコロのような小さな積み木が。

それに犬やら車などが描かれた絵が目の前に。



うわっ!何かやらされる。大丈夫か。うちの子。大丈夫か?

ワタクシが記入した用紙を眺めつつ、フンフンとうなずく保健士。

「え~じゃ、あ~ちゃん、ワンワンはどれかな?」

「積み木は詰めるかな~?やってごらん」

そんな事を娘に投げかけニッコリ笑う保健士。

さぁ、日頃の事が試される項目がやってきたぞ!娘よ。さぁ犬分かるだろ。

いつもいつもワンワンと遊んでいるじゃないか。どれか分かるだろ?



しかし娘、興奮状態覚めやらずで、指指すどころか

ひたすら手をパチパチ叩く叩く叩く。

そうじゃないだろ?犬だよ、犬!

「あははは~ど、どうしたのかな?ホラ、あ~たんワンワンどれかなぁ~?」



じゃ積み木と何度も何度も保健士が言うがこれまた知らん振り。

保健士に向かってハイ!と元気よく積み木を渡す。

やらない、どうしょう。まったくやらない。マジかよ。

首を傾げ始めているじゃないか保健士のオバハン。どーすんだよ!

「ハハハッあ~ちゃん、後で最後にもう一度ここ着てくれる?」



マジかよ!またここやるの?ちょちょちょ待って。もう一度やって。

首傾げないで、うちの子おかしくないねんて。普段するねんて。いつもは

もっと凄い事すんねんて。この年ででんぐり返しも出来るねんて。

もう一度やって!興奮してるだけやねんて!お願い!

つーか、あーたん!



お前も長女のようにスーパーの試食品で育てたろか!!



もう一度後でということで、今度は体の検診だ。これは別に問題はないだろう。体重も身長も標準でまずまず。でもって今度は内科だ。



ここへきて、子供の立ち具合、歩き具合を調べるために順番を呼ばれると母親だけが先に椅子へと座る。そして、先生が子供を呼ぶ。で、警戒して来なければ母親が呼んで歩き具合を調べるらしく(たいそうやな)ほとんどの子供は先生が呼んでも来ないので母親が呼んで始めて母親の元へと駆け出すんだ。



で、うちの番がやってきた。先生が呼んだ。こない。笑ってはいるがこない。そかそか、あーたん。知らないおっさんだものね。警戒してんだよね。怖いよね。お母さんいるから大丈夫だよ。お母さん呼んであげてくださいと言われ、ワタクシ蔓延の笑みで最高の笑顔で



「あ~たん、おいで!」





さぁっ!あーたん、来なさい!





バイバーイ。





あんのやろう!ワタクシに向かってバイバイて。少しも着やしない。一歩も動きやがらない。どーいうこと?他の子は皆着てるっていうのに、





うちの子だけ、来ない、サイテー!



引きつった顔で保健士さんが手を引いて連れてくる。マジ、泣きたいくらいに落ち込むワタクシ。気を取り直してマッパの体を調べる先生。すると今まであんなに笑っていた娘が急に泣き出す。聴診器当てられ真っ青になりキチ外のように泣く。手を付けられないくらいに泣きながらしがみつく。さっきバイバイしとったくせに調子のええ娘だ。その後がもう大変。



今度は歯科検診と続くが、あまりに泣くので、先生困る。おもっくそ口を引っ張りすぎて、唇切れる。それでも歯は見なきゃならないので噛み付かれながらも先生、踏ん張って中を見る。ワタクシも汗だくで押さえつける。「ハイ、終わり終わり!」と吐き捨てるように検診終わった。



ヘトヘト状態でまた保健士さんとお話。泣き叫んでいるからまったく話が聞こえない。聞こえてないのにハイハイうなずいてしまったから勝手に話が進み、歯の磨き方の練習をさせられる。家で出来てるのに又ここで歯磨きをさせられる。



泣き叫ぶ。嗚咽。泣き叫ぶ。半分なんか出てきた。

こんな状態でもしなきゃならないのか?もう帰らせてくれ、嫌じゃ嫌じゃ!



クッタクタのワタクシに追い討ちをかけるかの如く、また一番初めにやった

ワンワンの絵と積み木をやってくれと言ってきた。にらみつけるように

ワタクシ一言。



この状態でか?



娘、通路で泣き叫びながらのた打ち回る。



「あ~、む、無理そうですね。では2歳児検診に来てください」



おいおい、嘘だろ。仕方ないちゃー仕方ないんだが、何度も言うが





うちは普通に出来るんじゃっ!



2時間半かかった1歳半検診が終わり家に着く頃には娘爆睡。





そら疲れるわな。



さぁ2歳児検診まで半年かけてワンワン指差し、積み木積み大特訓すると

心に決めた。しかし、2歳児検診でもっと高度な事させられたら...と

英才教育させようか悩むワタクシである。あー疲れた。
スポンサーサイト
2007'07'24(Tue)07:53 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://maria123.blog9.fc2.com/tb.php/208-aa35d7a6
trackback



     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。