MARIA MANIA
Do you hate vulgar Babaa?
03≪ 2007| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
THE☆洗う会、行ってきました。
昨日の金曜日(27日)は毎日を振り返る☆あらいぐまのあらいぐまさん

主催の【THE☆洗う会】という催し(皆で楽しく語ろう会?)が行なわれた。



行くか行くまいか悩みに悩みました。

来る方々は、ワタクシもそうですけど旦那、子を持つお母様方ばかり。

それも皆頭よさげな、知的な奥様方となりゃ、話がついていけるか

どうか不安がよぎる。



馬鹿で無知なワタクシなんかが行って本当に良いのだろうか?

学校の話、いじめ問題の話になったらどうしよう?

少子化問題の話になったらどうしょう?

安部内閣をどう思うかなどと、政治の話になったらどうしょう?

夫、姑とどううまく付き合っていくかなどと、どんよりとした

暗い話になったらどうしょう?

年金や市民税払ってますか?と聞かれたらどうしょう?






頭が爆発しそう。のーみそとろけそう。



そうだ、そうだ、うまく話を合わせよう。

「私もそう思います。」「私も○○さんの意見に賛成です。」と

うまく話を合わせ、切り抜けよう。



でないと、でないと、アホがバレル上、後で「まりあさんて

思っていた人と違うね。付き合いやめようか?」

と陰口叩かれたら泣くよ~。





せっかく招待を受け、せっかく出来た沢山の友達逃してはならない。

リアルでも友達少ない上、引きこもりに近い生活を送っているのだから

せめて、ネットの中だけでも、ワタクシの居場所をください。

あぁ.....ください。



さて、もう10時半をまわった。ここはひとつ早いこと顔を出して

好印象を与えるのだ。まりあ42歳、ちょっぴり怖い。





ドキドキしながら、パスワード入力。





したらば.......





















あんたら、あたいと一緒やん!!



えろい!!お下劣!!お下品!!



やれ、誰それはMだのSだの、Mのバイだのて!!



あたふたとしてる間に入れ替わり立ち代りエロ話満載!!



しまいに15人から17人という人数が入り込み、押し合いへし合い!!



もう、誰が誰だが分からずに、名前覚える間もなく話が流れ



チャット苦手なワタクシは、文字入力してる間に違う話になっている。



これなの?これが洗う会?



心を綺麗に清めるようなこのタイトル!!








笑うしかないわ。あらいぐまさん









旦那白目向きながら眠ってる横であーたんも足広げ眠っている。

その横で暗闇の中、ひっそりと含み笑いしながら皆の話を

読みながら楽しい時間を過ごさせていただきましたよ。



あぁ...皆大好きだ。

お下品な皆が大好きだ。





楽しいひと時をありがとうございました。

又、参加します。




スポンサーサイト
2007'04'28(Sat)06:29 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ダウンタウン騒動
今から、何年前かは記憶は定かではないが、そやね

男が群がってどうしょうもない頃だったから20歳か過ぎた頃くらいだと思います。



当時、私の兄は兵庫の尼崎市の駅前で若いながらにも借金を抱え喫茶店を

経営していました。うちの店はモーニングでもっているようなもので

近くのパチンコ屋に通うおっさんおばはんが良く来てくれていました。



ま、ランチも駅から近いトコなのでソコソコ



んでもって、お昼を過ぎるとガラガラ状態になるわけでして

その時間はいつも兄と飯を食いながら昨日、親父がどうやこうや

おかんが来てどうやこうやと身内の話をしながらグチを言ったりして

過ごすのが日課のような感じでした。



それがですね、何故だか、とてつもなく忙しい毎日に変わりましてね

お昼の飯すら食えねぇくらいにワンサカワンサカ客が入るんですわ。



しかも、女の客ばかり



ううん、女子高生や女子大くらいのピチピチギャルばかりが!



兄貴は「口コミでかっこええニィちゃんがサテン

してるって広まったんやで」



いいや、それはないだろう、あにき。

間違っても、ジャニーズ系ではない君が...

フッ...気持ちは分かるが。



もう、ひっきりなしなんで、絶対おかしいと兄貴と話してましたよ。

突然ですもん。



まるで尼崎中の女の子が集まったくらいに毎日毎日

色とりどりの女の子が来るんですよ。

おかしな話でしょ?



んで、ふと兄貴が気が付いたんです



「なぁ、お前よう聞いててみ?なんか、なまっとんぞ、こいつら」

と小声でいうんです。



わたしは、注文を置きに行ったときにゆっくりと立ち去ろうとすると

ホンマや!

関西弁ちゃうぞ!




それからというもの、良く聞いてみると、来る客来る客、皆違うんですよ。



なまりが。



ずーずー弁だったり、語尾にケェ~やら、ケンやら、標準ぽかったり。



ぜってーおかしいよ。



観光する場所?

尼崎にかい?



ないない!



まったくない!



あるのは「近松門左衛門」の墓くらい。



狐につままれてしまった私達は客の一人が口を

開いてようやく分かる事になる。



「あの~この当りだと聞いたんですが、ダウンタウンの

松ちゃんと浜ちゃんの家があるって、知っていたら教えてください」



これかい、これやったんかい!



そう、当時ダウンタウンはまだ、東京にはいってはおらずに

大阪で活動をしてました。



二人がやる番組「4時ですよ~だ」はそれはそれは大反響で

凄かったように思います。

私達は、それほどまでとは思ってませんでしたが

このように地方からワンサカワンサカ女の子が来るくらいだから

こりゃ、凄い大物になったもんだとびっくり



「家って?実家かいな?でもそこにはダウンタウンおらんで」



「いや、いいんです、見たいんです。実家を」



「見たいって。でもなぁ、君ら、どっからきたん?」



「...九州です」



「ホンマかいな?で、実家見てどうするん?」



「お母さんとかと一緒に写真撮影するんです」



私達は困りはてた。



はたして教えていいものかどうか。



はっきりいって家ってボロボロですよ。(古いから)

そんな家見てどうするんですか?

お母さんと写真撮影て、なんだ、そら。



一応教えてはあげました。

兄貴はくれぐれも迷惑のないようにと言って教えてました。



あとで、ダウンタウンの友達(ホルモン屋さん)に話すと

お母さんが毎日毎日大変だと嘆いていたと聞きました。



夜中までチャイムを押したりするらしいですわ。



そういう毎日が結構続き、兄貴は客が入ってくれるんで

ウキウキでしたが北は北海道、西は九州までと

若いおなごがはるばるこんなとこまで

来るなんて、私には分からん。



気がしれん。



浜ちゃんの妹さんは幼い頃良く遊んだ相手ですが

大きくなってから話す機会もなかったので聞いてはいないけど

やっぱり、大変だっただろうな~と思いますわ。



兄気が大物になったら、それはそれで大変やろうなぁと。



そして、兄気がわたくしに



「お前、松ちゃんの同級の工業高校のヤツと付き合ってたやろ?」



「え?あぁ」



「なんで、松ちゃんにせえへんかってん。アホやなぁ」



兄貴、アンタの目的別やろ。



でも、ホンマこんなに身近にいた人たちが今やこんな

大物になってるなんて尼崎出身者も捨てたモンじゃないね。



工場地帯でやくざが一杯おる、なんもない町やけど。



ダウンタウンよ。

これからも頑張ってくれ。
2007'04'27(Fri)06:31 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
良く、伸びるもんだな。




昨日の夜、亭主が風呂上りにバスタオルで拭いていたところ

父ちゃん大好きな、次女あーたんが駆け寄りました。



とたん、亭主の悲鳴。



あーたん、亭主の手ではなく、イチモツ握り締め突っ走った

勢いよく突っ走った。



亭主、あまりの痛さに一緒に走る。



ごっつい、ぶかっこうなその姿に、思わず写メしようと

ワタクシも、携帯に向かって走ったが、間に合わず。



痛かったやろね。





しかし、あれだ。



おっ立ってないイチモツは良く伸びること、伸びること。



手を離したら、バチンってゴムみたいになったら

面白いのにと、変な想像して笑ってしまったよ。



アハハハッ



あー、アホなこと言っとらんで、はよ、飯の用意しろってか?

へいへい、すんませんでした。



<ちょいと押してくれんかの~。>



にほんブログ村 主婦日記ブログへ  








2007'04'25(Wed)23:46 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
激痛
すいません、すいません。楽してすいません。

なんや、リクエストがあったんで、過去の話です。

またまた、くっさい話なので、鼻の穴ティッシュ詰めてください。







何年前だろう...

多分あれは今よりもウエストが15センチくらい細かった頃の話だ

早朝5時、私は腹の激痛で眼が覚めた。





這いずるようにしてトイレに掛けこみ、便座に座った...



...が腹は激痛なのに何も出ない!



あまりの痛さにうめき声になり冷や汗は出るわしまいに横の壁に頭まで打ちつける始末。



あぁなんなの?



これは?



普通やない!



ひっひょっとして妊娠してて流産??

私は恐くなり旦那を呼び「おかしいねん!凄い痛いねん!」といった。



びびった旦那は救急車を呼んだ!



激痛に耐えながら、頭壁に打ちつけ待った。

泣きながら、苦しさに耐えた。狂おしい程、耐え忍んだ。



トイレで唸っているといきなり ば-ん! とドアが開き隊員が入ってきた。



「奥さん!大丈夫ですかあぁぁ?!」



びっくりしましたよ...



予告もなしにそんなん...



パンツずり下げ大股開きの上、上着胸元まで上げ



腹さすってて、そんな姿見られてしまいましてん。






それから、抱えられ救急車に乗せられ

野次馬の群がる間をすりぬけ

病院に着いたのだが車の中では何故か痛みはあーら不思議!





おさまりましてん。





今さら言えず黙っていた。





こんな思いまでしてなんなのだけど病名は

















「便秘」であった....




2007'04'25(Wed)09:52 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
出てます。
これは過去サイトをしていた時に書いたあかっ恥です。

最近ネタがなくて、過去話で勘弁ください。





あれはそう、今から10年以上も前の話。

子供は産んだがまだまだ、今よりかは肌つや良く



「奥さん、綺麗だね☆」



なーんて八百屋の親父達にもてはやされていたころの話だ。





3歳の娘を連れて、デパートに買い物をしに行った私

夏なのにデパートの中はクーラーのせいで真冬なみの寒さで

すぐ腹をこわす私は案の定、ぎゅるぎゅるといい出したのである。



さっき食った、やすっちいお好み焼きが、腸を通過して

もう、肛門のさきっちょまでお目見えしている状態。



いやいや、とてもゆるいので肛門に神経を集中して、



つぼめていなければでちゃうぞ!状態。





あせった!



トイレをみつけ、入ってみると人が並んでいる。



また、あせった!



腹痛いのに平然を装い冷や汗をかきながら、歯を食いしばり我慢した。



だのに、なんも分からん娘はトイレの水道で水を出し遊んでいる。

娘の事なんて、考えてる余裕なんてないのに

こんな奴勝手にさらせやと思うのだが、やっぱりまわりが気になるので一言。



「おい!しばきまわされたいんか?」



3歳の子供に向かいこんな事を口ばしるなんて周りの人たちは白い目でみたであろう



でもな、でも。



腹痛いねん。



狂おしいほど痛いんやて。



たのむから、たのむから、前で並んでるババァよ、私に順番譲ってくれや!



もう、あかん!

もう出てまうて!



そんなこと心で叫びながら、やっとやっと、順番が!



おおっ神よ!



サンキュウ!



娘の手を無理やりひっぱりトイレに入りものの1秒程の速さでパンツを下ろし発射オーライ!!



もういい、聞かれてもいい、どうせ知らん人たちばかり



豪快な音と匂いをたのしんでくれ!!

とばかりの凄い音を出しながら、ようを足す私。





そのときだ!





3歳の娘はドアの鍵をあけてしまった!





しもた!





このやろう!!





半開きになったドアを片足で(想像してごらん☆しやがんでんねん☆)

勢いよく閉めた!



ドアはバーンと凄い音と共にしまったのはいいが、鍵まで手が届かず足をのかすと開いてしまうのである。



娘は外に出たいばかりにドアを開けようとする。

私は片足でようをたしながら、片足でドアを押さえ、

左手で娘にげんこつ右手は水を流しとまぁ、凄いかっこう。



バーンバーンと半開きになったりしまったりを繰り返す私たちに

ついに外で並んでいたおばはんが声をかけたんである。



「どうしたんですか?大丈夫ですか?」と言いながら



このおばはんまで、ドアを開けようとする。

私は苦しみまぎれに凄い事をくちばしってしまった!







「まだ、出てます。今出てます。出てる最中ですって!」





なんで、大丈夫ですからあけないでくださいとか言わなかったのか

なんで、今私う○こ出してますなんか言ってしまったのか



なんで、私う○こしてます!



とデパートのトイレでしかも知らん人たちに

大声で宣言しなきゃーならんのよぉ



なんとか、治まり泣く娘の手を引き、恥ずかしいので、手も洗わずに

走りさる私。



それからというもの、込みそうな休日にはデパートには行くまいと

心に決めたまりあです。


2007'04'24(Tue)09:58 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
作ってみました。
嫁津波サイトにて、「きままにぼやこう」のウサコさんが嫁津波Tシャツをプレゼントされたのを読んで、これはやりたい。アタイもやってみたいって事でやってみました。









あかっ恥日記Tシャツ





凄い、凄いです。「あかっ恥日記」で作ったところ、このような感じでして、しかも何気に値段高くない?Tシャツで5098円は高額です。でもって、英語ってとこがナウい。(死語)ひゃひゃひゃ~楽しいじゃないか。少し顔がほころんだところで、まだやりたりないワタクシはまりあでやってみる事にした。どらっ!どないだ!











まりあTシャツ





し、しゃれになんね~。影踏み爺さんて何?てか....値段やっす!めちゃくちゃ落ちとるやん。やっす!やっす!まりあTシャツやっす!100均よりやっす!どうせこんなもんよ。ワタクシは。やっすい女よ。やすっちい女よ。ブツブツ....





ん??これなに?





黒くて柔らかいアレ?





黒くて柔らかいアレ?



黒くて柔らかいアレ?





黒くて硬いアレが好みですけどね。ワタクシは。





どれ、ひとつ皆様もやってみたらいかがですか?

TシャツメーカーTOP

日記ネタをウサコさん、ハラミさんありがとうございました。






2007'04'23(Mon)10:58 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
泥沼出産
これは過去サイトをしていた時に書いた長女出産話です。





「おかぁさん、可愛い小さな女の子ですよ。」と看護婦の声をかすかに聞きながら

私は子供を産んだ感動よりも、やっと楽になれたと

いうことのほうがとても嬉しかったものだ。

それくらいの悲劇の呪われた出産であった。



夜中の1時頃、それは突然やってきた。

少しの出血とおなかの定期的に来る痛み。

初産だから、朝来てくださいと病院の方が言うので朝まで待つことに。

全然痛くも痒くもないので、風呂に入りシモをこれでもかっつうくらい

丁寧に洗いドキドキしながら寝た。



ホンマにもう出てくるんかな?

聞いた話やテレビのドラマじゃあ、うんうん唸っているのになぁ?

凄い痛くて死ぬ程やとねぇちゃんも言ってたのに痛くないやん。

そう思いながら緊張から私は寝ることが出来ずに朝を迎えた。



朝になるにつれて、腹が張るたびに痛みがましてきた。

きよった!とうとうきよったで!



病院に着くと分娩室に入る前に陣痛室という所に入らされた。

いわゆる、まだまだ、出てこないので

ここでのた打ち回れ!泣くなり喚くなりしろ!

という部屋が準備されている。



とうとう、姉が表現してくれた「下痢の千倍の激痛」がやってきたのである。

その前に産む時にクソまみれなきたねぇ赤ん坊にしない為に

陣痛が軽いうちに浣腸されるのであるが

その日看護婦さんが少ないらしく

私はかなりの激痛になるまで、放置されていたのである。



忘れられていたんなら、もう浣腸などせんでもええやん

クソまみれでも丈夫ならええやん



と言う私の説得にも

看護婦さんは耳を傾けてはくれずに一気に

ブスッ!ジュボーッ!とやってくれましたわ。



「おかぁさん、我慢してね、出きらないと困るからね」

とだけ言い残しどっか行きやがった。



私はこんなん、無理やと思ったんで立ち上がり

目の前にあるトイレに行こうとしたんやけど

立ち上がった瞬間に陣痛までもが私を襲い歩けないのである。

トイレはすぐそこやのに、すぐそこやのに

ずるずると、地べたにうずくまり、呻き這いずりながら

トイレへと手を伸ばした。



こんな所で、ぶちかましてたまるかぇっ!

と半べそをかきながら激痛と戦った。



トイレに何とかたどり着き入ったがいいが

あまりの激痛、この世の痛みとは思えない痛み





ああっ早く陣痛よ立ち去れ!



そう思っても立ち上がって便器まで座れないほどの痛み。





私は私はその便器ではなく地べたに大量のクソを撒き散らしてしまったんである。



ホンマ恥ずかしい話ではあるが、ホンマに動けないんである。

クソまみれなのに動くことが出来ずに泣きながら

クソの上で唸っているとやっとこさ、陣痛は去っていった。



おもろいもんでね、陣痛がおさまると、今までなんやったの?と

言うくらいに痛くないのである。



私は泣きながら、又陣痛がきてしまったら

クソまみれ状態で又動けないと思い

そそくさと、拭くモンがないので、今まで着ていたあの手術着のような服を

脱ぎすっぱだかで、クソをぬぐい始めた。

洗っては拭き洗っては拭き、その間に陣痛で何度か中断し

「もういややっ」と一人トイレで自分のクソの始末をしていると

看護婦さんがやってきて、もうここまできたら

恥ずかしいもクソもないので事情を話しなんとかやっとベットへ。



ここからがもう、意識もうろうとするほどの痛みと激痛、どっち向いても転んでも痛い。

心細いので、母親のたー子が来たがこの母親は痛がる私に向かって



「しゃぁないねん、女はな一度は経験することやからな、しゃぁないねん」

とうわ言のように繰り返す。



そんな、テレビドラマのような台詞はええから、せめて背中くらいさすってくれや!

もういやっもういらんっ!子供なんかっしらんしらんっ!



そう、喚いていると看護婦さんがやってきて

私の下半身に手を伸ばし何やらやらかそうとしている。

なんと、陣痛きてる最中にあそこに指(何本かは記憶に無いが)を

いれて子宮が何センチ開いているか調べるとぬかしおった。







痛いのに痛いのにやで?アンタは鬼か?と








「いたっいたい!なにすんねん!なにさらしとんじゃぁぁぁ!やめんかぇ、しばくぞぉぉ!」

とのた打ち回り、違う看護婦さんにも抑えられ、怒られた。



やっと、子宮が10センチ開いたらしく、分娩室へ

一気に産んだる、こうなったら一気に産んだるねん!

わたしゃ、楽になりたいねん!

そう、ブツブツ言いながら、分娩室へと昇り何やら、足をしばられた。

いややわっ、なんなんよ、拷問やな、クソッ!

ともう私は痛さのあまりに正気を失いかけていたようだ。



それからはあまり覚えていないのだがこれでもかってくらいきばったわ。

看護婦さん2、3人に上に乗っかられて、やっとこさ、娘はでてきよった。

どうも、かなりの我侭出産だったような気がする。

気張る前に「喉かわいたから、水くれ」やら「足つった、どうにかしろ」

とかぬかしていたようだ。



娘には良く聞かれるのである。





「なー、やっぱり子供産む時って感動的?」と...





まさか、アンタ産む前に、かぁちゃんクソまみれやったとは言えずに。

死ぬまで黙っていようと思うまりあです。

テヘへッ♪


2007'04'21(Sat)11:02 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
寝言
昨日の夜、テレビを見ながら、白目向いて亭主爆睡。

目がでか過ぎてキチンとしまんないんじゃーねーか?





しばらくして、ワタクシも寝ようとほとんど、ベットを占領してる亭主を避けてみたんだ。 したら、亭主モゾモゾ動きながら何か喋りよった。





「ソースはタップリ!! 後、つくねね!!」



















仕事が忙しく、胃が痛くても病院いけずにほっといたら十二指腸潰瘍になり、ほとんど食べることが趣味みたいなモンだった亭主も今や、煮物と魚がほとんどの生活。ついに夢にまで見るようになったようで





多分、ソースたっぷりの焼きそばと焼き鳥のつくねを注文しとるんやね。 しかし...焼きそばにつくねて。凄い、庶民的やね。

夢くらいステーキ食えばええのによ。



  


2007'04'19(Thu)11:14 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ランキングバナー作ってもらった♪
今、もっともアツイブログ「嫁津波」のハラミさん

によってランキングバナーを作って頂きました。





これよ↓、これ。

見てください。笑えますでしょ。

文字はワタクシがチョイスしたんですが。



















これワタクシがもっとも荒れてたヤンキー時代の写真なのよ。



それはそれは遥か昔今からざっと遡って、26年くらい前でしょうか?

ヤンキー全盛期の真っ只中がワタクシの青春時代だった。



その頃、丁度母親方のいとこが結婚するっつーんで、兄貴と母親とで

はるばる、兵庫から四国へといく事になり、結婚式場で撮った写真。



今からディスコでフィーバー的な光沢のあるパンツスーツに

歩くたびラメが飛び散るアイシャドー、それになんといっても

鳥の巣のようなカーリーヘアー。



親戚一同、ドン引きよ。



その格好で結婚式でるんかいっと言われたが

それしか持ってきてないんだから仕方ないよね~



誰一人として、ワタクシに優しく声をかける

親戚はいなかったイワレ付の写真が何故か



このハラミさんはお気に入りのご様子で

仕方ないから、ブログ用のバナーもお願いしようかしら?

(どんだけずうずうしいねんっ!)






2007'04'19(Thu)11:05 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
見られてしもた。
今日、そろそろ部屋の中のいらなくなった物を

ゴミに出そうと、掃除していたんだ。



掃除なんかしても、ほとんど代わり映えはしないんだけど

そんな事はともかくとして...



最近、色んな事に興味しんしんのあ~たんは

何処でもかしこでも、あらゆる扉や戸棚を開けるんで困る。

仕方ないので、テープであっちこっち貼り付けて

開けないようにしていたんだ。



ほとんどの所、開けられないのでもう大丈夫だと安心していたら

ひとつとんでもない扉を忘れていたんだ。



そこはワタクシ達夫婦しか知らない禁断の扉。

今じゃもう見る事など無くなり、ただのコレクションの一部

になってしまっている









アダルトビデオ。








その扉をテープで止めるのを忘れていた。

てか、硬いから油断してしまったのよ。





どんだけあんねんて、数はそれ程じゃないんだけど

そのジャンルっつーの?どんなのって、普通じゃないのだよ、君。

ただのアダルトではないのだ。



あぁ、書くに書けないくらいのモロアブノーマル。

SMてもんでもない。あぁ、書けない。ワタクシ書けないわ!

ここじゃ書けないのよーっ!



パソコンで色々探しに探し、よりによりすぐり

旦那と二人、ニタニタしながら注文した代物が三点ほど。



しかも、何度見ても、飽きることなく楽しめるてくらい

ごっついごつい、興奮物だぜ、あんちゃんよぉ!あははははーっ!



えぇワタクシはすけべである。認めるわ、認める。

知り合いはほとんどの人が知ってるわ。

過去にこんな日記書いたりしてるくらいだもの。



引かないで、こんなワタクシを許してちょうだい。





でね、その禁断の扉は開けることないだろうとタカをくくっていたら

目を離した瞬間に....





開けとんねん!





ワタクシが便所でくつろいでいる最中に

長女がドアをたたきながら怒っているんですわ。

なにをそんなに怒ってんねん!と出て行ったら



どーんとベットの上には憐れも無い女のエロ過ぎる

パッケージがどどどーーーーーーんと掘り出され



しかも、その横には一緒に隠していたコン○ームうすうすが

箱から出されて5枚つづりがデロロローンて。






コラッ!くわえてあそぶんじゃない!





なんてこったい!!



想像しないでよ!ただ一緒に置いてただけなのよ。

最近全然使ってないし、ホンママジで!アセアセ





あたふたと片付けるワタクシに長女の冷たい視線。





すかさず言ったわ。





「もう、男ってどうしてこんなの見るのかなぁ?仕方ないなぁ。」





し、しかたないじゃん。

こういうより他はなかったのよ。



あぁ昨日に戻れるモンなら戻りたい。


2007'04'17(Tue)05:41 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
キレタ。
日曜はお義母様とお義父様のお墓参りに行く予定でした。





いいとも総集編を見ながら旦那にお義母様はいつ来るのかと聞いたところ





「昼。」との答え。





だから、待ってたんだ。

待って待って12時過ぎた辺りからあ~たんがぐずりだし仕方ないのでもう来るだろうと外であ~たん遊ばせながら待とうということになり。





しかし、30分過ぎても来ない。待てど暮らせど来ない。

仕方ないので時間つぶしに近くのガソリンスタンドへ

ガソリン入れに車を発射させた時、お義母様から電話が。



「今、墓参りの帰り、今からそっちにいく。」





はぁ?





えっなんで?一緒に行こうって言ったのは貴方でしょ?

一緒に墓参り行くはずじゃなかったの?

てか、今からうちに来んのかい?





「ご飯は?どうなんの?てか私腹減った。」





そう旦那に言った。





当たり前よね、当たり前。もう1時やねんもん。普通は12時には飯くっとんねん、こっちは。どないしてくれんねん。てか、あんたら2人で電話でどんな話しとんねん。ちゃんと計画立ててくれな困るねん。それにいつもいつ来るかわからんで待ちぼうけばっかりやん。いい加減に不要やとか言わんと携帯持てよ。もういややねん、もう嫌!



てか、腹へっとんねん!



旦那はワタクシの顔色を伺いながら、近くのスーパーへと

お惣菜とおにぎりやら、巻き寿司を買いに行こうというので

まぁ、切れる気持ちを抑えつつ、スーパーへと行った。





墓場からうちの家はそんなに遠くないのでもうそろそろ来るだろうと

食らいつきたい気持ちを抑えながら我慢に我慢を重ね、待っていた。



腹が減ってクラクラしてんのに目の前にある巻き寿司やら眺めて待っていた。



もうすぐ2時すぎる。まだ来る気配すらない。



食べるにも、お義母さんかて、食べずに車運転してるとおもたら、

やっぱり食べられない。それくらいワタクシは人に対して思いやりの

ある女なのだ。すごいしたたかないい嫁なのだ。覚えておけ。ばか。





そして、やっとこさ、お義母様が到着したのは2時半だ。

嬉しかった。なきたい位嬉しかった。



お義母様が着てくれた事に対してではなく





飯が食える喜び





そして、イソイソとお惣菜やらのフタを開けながらお義母様に言ったわ。



「お母さん、お腹すいたでしょ~、さっ食べましょ!」





したらば....







「あらっ?私、来る途中で食べちゃったわよ。」

























なんやとぉぉぉーーーーーーーっ!!







その後キレタ私は、一人黙々と飯をくらいつづけ

誰ともひとっことも話すことはなかった。







ケッ


2007'04'16(Mon)05:43 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
真夜中の悲劇
くそ、今日は旦那が親方に呼び出され、仕事になり

少し家庭団欒に飽きてきた頃だったので(飯の支度に飽きた)

今日こそはネットづけ生活が出来るとウハウハだったのに。

寝不足で、今でもかなりきついわ、朝から黙々としたくもない

娘の部屋の掃除につき合わされ、あーさいあーく。



で、聞いて欲しい話なんだが。頼むから、頼むから

付き合いやめるとか、考えられないとか、そんな家の人大嫌いとか

石投げたり、罵声を浴びせたり、ツバ飛ばしたりしないって



約束できる人だけ限定だよ。





それ以外の人は、このブログ閉じちゃって下さい。

では、覚悟はいいですか?







昨日、メールで長女から「遅くなる」と書いてあったので

夜12時ごろ寝付きました。で、玄関開ける音がしたので

長女が帰ってきたのが分かったので、またまた安心しきって

眠りについた、その時。

携帯が鳴った。



誰よ、こんな時間に!と見てみると、今しがた帰ってきて部屋へと

入った長女からだ。



なんだぁ?なんで、電話するんだ!と長女の部屋へと行ったんだ。

で、「何しとんねん!なんで携帯鳴らすのよ!」と怒って長女を

見ると、布団に包まり泣いているではないか!



「ど、どないしてん!」とワタクシ叫びました。



それびびりますでしょ?夜中にこっちの部屋へもこずに一人

部屋で泣いてるんですよ?何かあったんかとこんな鬼のような

ワタクシでも、びびりますよ。



なんでも聞いてやろう!ひょっとして恋愛問題かもしれない。

この年頃は、とてもナイーブかつ繊細なのだ。

母親で役に立つなら、聞いてやろうじゃないか。



そう思い、すごすご、すーやんの傍へ寄ると....



「.....は、はえ。」





「はぁ?」





「はえが、はえがいる。」





なんのこっちゃない。ハエですわ、ハエ。

ハエが二匹程、天井に止まってるんですわ。

ただ、それだけで、泣いているのかと、それで携帯ならしたのかと

もう、顔引きつりながらブツブツいいながら、殺虫剤を台所へと

取りにいきました。



しかし、ここからがこの話の凄いところなんでもう少し聞いててね。

長女すーやんは大の虫嫌いだ。蚊ですら悲鳴を上げるので

ま、仕方ないかと、ワタクシ早いこと退治してはよ寝ようと思ってました。



そして、ハエ目掛けて、スプレーしたんです。

ハエはみるみる弱り、フラフラとあっちへこっちへと飛んでました。

その後、おっかけて、またスプレーして



「もう、死んだやろ。」と娘の方へと振り返った その時!



ボットンボットン!ボトボトボトッーーーー!





カーテンの陰、ハンガーで吊るしてある服の影、天井、ふすまの間

ありとあらゆる所から、黒いモンが





ボットンボットン





ハエですわ。ハエが大量に



ボットンボットン



考えられます?ハエですよ?ハエが長女の部屋を占領しよったんです。

真夜中にハエが大量発生なんて聞いたことありますか?



「ひ、ひああああーーーーっ!!」声にならない悲鳴をあげ

布団に包まり泣き続ける長女。

泣きたいのはこっちじゃ、カス!

一人たたずみ放心状態のワタクシ。

どうしていいのか分からず、無言だ。





気を取り直し、長女に聞く。





「な、なまもんあるか?どっかにないか?」





「な、ない。」





このクソガキはワタクシに似て掃除が嫌いだ。

そして、散らかすのはお手の物。しかも、

布団の上で飯食ったり、おかし食いながらゲームやTVを見たりするので

散々、注意をしていたのだ。



あっちこっち、あるものを退けて生物かハエがでそうな物を

探すワタクシだが、一向に見つからない。



おかしいなー?とあるものに目が行った。

それは、あるものが入った四角いかごだ。

何故か、バスタオルでくるんであるではないか。

とっさに、悟った。これだ。絶対これだ!



「な、ハムスターは?」





「○××○○○....」





「聞こえんやろがっ!死んどんちゃうかっ?」





「ごめんなさいっごめんなさいっ死んでますっ!」





あったまきた、ワタクシはもう長女ボコボコ。

膝蹴り、飛び膝蹴り、かかと落としに平手打ち。

あったまきますでしょ?絶対に死なすから駄目だ!と行っていたのに

もう、小学生じゃないからとか言いやがり、親を無視して

自分で買ってきやがった、ハムスターをものの数ヶ月で

死なしてしまい、バイトにかまけて、ほったらかして遊びほうけて

この始末よ!!





ハエが夜中に大量発生する始末よ!





聞いたことないんじゃいっ!一匹や二匹なら外から入ってくるだろうが





30匹以上のハエなんて、お前いてまうぞ!!





仕方なく、夜中に落ちたハエをティッシュで取り、この部屋では

今日寝るのは嫌だとぬかす長女をあーたんのちっこい布団の傍で

包まって寝かせてあげたわよ。



そして、朝のはよから、部屋の掃除ですわ。

眠い目をこすりながら、やれ、ジュウタン干せやら、燃えないゴミ出せやら命令し、やっとこさごっつい綺麗な部屋に変身させました。



二度と、部屋は散らかさないと心に決めたそうだが

果たして、どうなることやら。



あー眠い。





<ちょいと押してくれんかの~。>



にほんブログ村 主婦日記ブログへ  






2007'04'15(Sun)05:17 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
予期せぬ訪問者
今日は一段と春らしく心地よい陽気だったので家の窓全開で用事をしてたんだ。



バイトへ行くから、台所でシャンプーしている長女となんだかんだと話をしていたら



部屋のほうであーたんのケラケラ笑う声が。

何がそんなにおもろいねんと声をかけようと部屋へはいり....ある物体に

唖然!







蜂?







お前!蜂か?







何しとんねん!何入ってきとんねんっ!!







恐る恐るあーたん抱き上げたとたん、蜂はこっち目掛けてまっしぐらよ!

ソラ走りましたで。走って悲鳴をあげ玄関の外へとまっしぐら!



ワタクシ、小2の頃蜂に刺され、転げまわる程の激痛を

経験しそれ以来、蜂がこの世で一番怖いと確信したんだ。



ヤツらは怖い!ちいせー癖にクセモンだ!





「ぎぇえええええーーっ!蜂やーーーーーーーっ!」



ワタクシの雄たけびにびっくりこいた、虫が大嫌いな

長女が泡がついた髪のまんま、外へと飛び出す。





ボトボトと泡とお湯が滴らしながら長女も放心状態。





「おかぁ!殺虫剤!殺虫剤!」



「あかん!中や!家の中やん!ひぃぃぃー!」



二人がオロオロする中、あーたんだけが一人おんもに出られて上機嫌。



「なっ!おかぁ、どうするの!」



「待って!わたし怖いやん!アンタ、入ってよ!」



「嫌!マジ嫌!チョー嫌!母親でしょ!私、目痛いよ!」



「アンタが髪の毛洗うからやん、ぬけぬけと洗うからやん!」



と訳わからんこと口走っていたら、あまりにうるさかったのか

下の階の親父がどないしてんと聞いてきたので説明したら

なんと、ありがたいことに殺虫剤を貸してくれた。



貸してくれたはいいが......





また、二人でどっちが家に突入するか揉める揉める。





仕方なく、じゃんけんで決め、じゃんけんの弱いワタクシが

この魔物の館へと入らなくてはいけなくなった。





あぁ、おしっこ漏らしそう...





このまま、こんな玄関先でいるわけにもいかず、決心つけて玄関を開けてみた。



あたりを見回したが、ちっこい蜂はちっこい蜂は

何処へいったのか雲隠れ。



心臓がバクバクと音を立て、自分の部屋へと突き進む。

さぁ、どっちが勝つか。

勝つか負けるか、殴り合いなら負けはしないのだが

相手は鋭い針をもっていやがる、卑怯なヤツだ。





正々堂々と素手で戦ってはどうなんだ。正々堂々とよ!!





などど汗だくになりながら、布団をめくったりしてると

ぶーーーんと音を立てこっち目掛けて飛びやがった!

おしっこ漏らしそうになりながらも、女戦士になったからには

どうにかしなくては!蜂目掛けて殺虫剤を撒き散らす!

一心不乱に撒き散らす!死んでくれ!頼む!死んでくれぇえええ!





ほとんど、殺虫剤使い果たしたその時、蜂はヨロヨロとし始めた。







今だ!






スリッパに道具を変えて下へと落ちた蜂目掛けて

一心不乱にたたき続けた!



粉々になるまでたたき続けた!



このやろー!怖がらせやがって!大体蜂のクセに態度でけーんだよ!

ワシかてやるときはやるんじゃ!思い知ったか!



ひとりブツブツ呟いていると玄関先で長女が





「狂ったかと思った。」と入ってきた。





もう2度と網戸は開けねーぞ。

蜂は怖い。蜂は怖いど。




2007'04'14(Sat)05:50 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
つまみ食い
ジジ専長女の部屋にて、グロスなるものを見つけた。

最近、そのようなモノをつける間もなく、ガッサガサの

唇のまんま、毎日を過ごすワタクシ。



ドラ、塗ってみようか。



鏡に向かい、唇つきだし、おそるおそる塗る。



テラテラとヌラヌラと叶恭子顔負けのエロさに仕上がったやんけ。





アラヤダ、あたいまだまだイケテんじゃん。





調子こいたワタクシはまだまだ、塗って塗って塗り倒した。



これで、ババァなんて言わせないわ。

ちょっと塗りすぎて、垂れてきそうなグロスを

上向き加減になりながらご飯の支度をしていたら

いい具合に亭主帰宅。



顔を突き出しながら、おかえりとささやくワタクシ。

しばし、だんまりとワタクシを見つめる亭主。





唇、奪いたなったんか??





仕方ないなぁと、唇つぼめて近づくと





「なっ!つまみ食いしたな?ずるい!何?おかず何?からあげ?天ぷら?」





お前の頭は飯のことばかりかいっ!!



腹立ったので無視。無言で飯の支度をしていると

後ろで不機嫌になったワタクシに謝る亭主。





「ごめん!別につまみ食いして文句言ったわけ違うよ。ごめん!」





だからっ!





つまみ食いちゃうわいっ!







ほんの少しでいいの。ほんの少し、ワタクシの女としての努力認めろよ。

まだまだ、腐ってないとこ見せてやったのに。

ちくしょー





むかついたので、作業服でグロスをふき取りました。


2007'04'12(Thu)05:56 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
マイテレビで「LOST」
じつわ、最近ワタクシの暮らすコーポにもマイテレビなるものが無料で

取り付けになった。



こんなボロイコーポにかいっ!と

思っていたら出て行く人が多いので、色々考えたんやね。





使う気はなかったのだが、話を聞いてるとパソコンが電話回線

引いてなくとも使えるらしく挙句に、電話も名義なくともレンタルで引けるという



なら、ええやんか!!

電話引いてないまりあ家にはもってこいやないかと亭主はBSとかCATVが

見たいからといい、ワタクシはネットやりたい為に引くことになりました。



で、ワタクシ最近、アメリカのドラマにはまっていましてね

それもこのCATVでみれるというので、もうウキウキ。

イチイチ、レンタルしなくても見れるんだからもうけもんだよ。



で、そのドラマ。

LOSTなんですが、めちゃくちゃおもろいんですわ。





<あらすじ>...............................................................

オーストラリアのシドニーからアメリカのロサンジェルスに

向かっていたオーシャニック航空815便は、

太平洋上で乱気流に巻き込まれ、墜落してしまう。

機が堕ちたのは、どこか南の島の海岸だ。

医師ジャックは生存者たちを手当てするうち、

一行をまとめるリーダーになっていく。



生存者の数は48人だった。

最新技術をもってすれば、救助隊が彼らの位置を

見つけ出すのはすぐ…のはずだった。

しかし、何日も待っても、救助隊が到着する気配はなかった。



機の残骸から見つかる水や食糧はわずかで、

それらを求めて生存者たちは島の奥へと進んでいくように。



だがそこで彼らは、謎の怪物や、南洋にはいないはずの

北極熊に遭遇したり、トランシーバーでいつの時代に

送信されたかも分からない電波を受信していく。

この島は地球のどこにあるのか、今は一体いつなのか!?



生存者たちそれぞれも、複雑な過去を抱えていた―。



.................................................................





毎回毎回、なんか不思議な事が起こり次どうなるねん?と

ハラハラ具合がたまんないんですわ。



間間に、生存者の今までの過去なども振り返りつつ

話がドンドン進んでいく。しかも皆なんかしら嫌な過去や

不幸があり、どんだけ皆不幸やねん!といいたくなるほど

かなり不幸やわ。



まだ見てない人はお勧めします。ぜひっ一度!





LOSTオフシャルサイト





LOST シーズン1 DVD Complete Box LOST シーズン1 DVD Complete Box
マシュー・フォックス (2006/08/02)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る







2007'04'11(Wed)05:59 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
予防接種
今日はあーたんの3種混合の予防接種へと朝から行ってきた。



もよりの病院は家から徒歩3分という近さだ。

ジジババしかいつも来てるの見ないのだが小児科も

備わっているので予防接種にはもってこいの病院だ。



病院に入ると、もう逝ってしまっても誰も悲しまないんじゃ

ないかと思うくらいのご老人がワンサカ。

いつも通っているのか皆が皆顔見知り。



その中へ、ちびっこい愛らしいこの幼児がきたもんだから

そらもう、ご老人達の注目の的。



皆が皆、話しかけたり相手をするもんだから

あーたん愛想振りまき、やりたい放題さ。



ワタクシ、普段関西弁丸出しであーたんに話しかけていると

いうのに、今日に限って、使ったことのない言葉で

わが子に話しかける。(注目の的やから)



ホラッここにこんなご本があるよ~一緒に読もうね~



駄目よ!あーたん!ドンドンしちゃ駄目なの!



ほらほら~あーたんの好きなワンワンだよ~かわいいね~









こんな事普段いうはずないねん。

注目浴びてるもんやから、舌噛みそうになりながら

いいお母さんを演じとんねん。

しゃべってる先から、虫唾が走りそうな口調。笑いそうやった。

まるで、TVドラマの世界のかーちゃんやんけ。



そのうちあーたんの番になり、イソイソと足早に中へ。

案の定、ほっそいほっそい注射針から放出された液体は

かなり痛かったようでこの世の終わりのような泣きよう。



待合室に出てきたあーたんを代わる代わるジジババが慰めてくれ

ここでも又、ワタクシ



よしよし~そうなの~そうなの~痛かったの~はいはい~

もう終わったよ~よしよしよし~

抱きしめる抱きしめる、演じる演じる。







あぁ。ええかぁちゃんしとるやないか。







普段なら、



もうイタない!もうイタない!もう済んだやろ?

もう終わった終わった!はいはいはい!

痛いの痛いの飛んでった~!ホラ、飛んでいきよったで~

ははは~!!








冷たい母親と言わないでください。

これがいつものワタクシなんですもん。


2007'04'10(Tue)06:03 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
旦那、不調
最近、亭主が体の調子が悪く、とうとう病院へ。

いつから悪いかといいますと、去年の10月あたりから

、胃の調子が悪く、胃痛に吐き気に胃のもたれに胸焼け



こんなんもう胃が悪いてわかりますやん。



だから、早めに病院にいけといっていたのに

今の今までほったらかしで毎日、胃薬ばかり飲んで過ごしとんねん。

あの馬鹿亭主。



それが、もうどうにもこうにも辛くなってきたんやね。

最近になってやっと病院にいってくれましてん。





結果、十二指腸潰瘍





いわんこっちゃないわ、いわんこっちゃ。



寝込まれたら困るねん。

まだ35歳。バリバリ働き盛りやん。

わたしの老後の蓄えもまだないやん。

頑張ってくれな、困るねん。



それか、イクならコロとやで、アンタ。

イクならコロッとイっとくれ。



ワタクシはいたって元気です。

結構寝不足続いてたり、金の心配ばかりしてますが元気です。



B型やからかな?ふへへ~




2007'04'09(Mon)06:31 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
トヨエツどうしたの?
最近、キンチョールのCMにトヨエツが出ていたが

なんか、もう昔のイメージが霞んしまって

えげつない関西特有のエロ親父化していて嫌だ。



どうにもこうにも加齢臭さえ漂ってきそうだ。



年食ってもきっと田村正和的な親父になるんだろうなと

思っていたのに、騙されたぜ、トヨエツさんよ...





昨日、パソコン設定を説明書片手に必死こいて頑張った。

しかしながら、パソコン向かうたび。あ~たん大泣きするもんだから

全然進まない。



仕方ない事だけど、ボチボチやな、ボチボチ。
2007'04'05(Thu)06:42 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
子は親を良くみてる
パソコン買いました。中古だけどまっさらで綺麗です。明日接続出来ます。



一日中頬ずりしてます。あぁ…しあわせ…



ところで、日頃、掃除などしないとワタクシの事思ってませんか?



ところがどっこい!みてみ!みてみ!



子供って親を良くみてんのよ!証拠よ!



ホンマに良くみてるわねー!この子は!






2007'04'03(Tue)06:45 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
イチかバチかの大勝負
昨日、姉の娘の入学祝いを買いに伊勢丹まで行き、外に出たついでに旦那にお願いして、パソコン専門店へ。



最新型ほしかったワタクシだけど妥協を余儀なくされた今現状のまりあ家の家計。今年一杯でかならず、今ある借金返してみせると決めたから余計な金は使えないのだ。



だもんで中古探しの旅に出たんだ。しかも2、3万という金額探し。



あるのはあった。ワタクシはそれでもよかったけれどスポンサーの亭主は、かなり昔のパソコンだし安すぎたらすぐ壊れるんじゃないかと却下。



ただネットしたいだけで飛び付こうとするワタクシの首根っこひっつかまえ、ズルズル車へ押し込み、泣きべそかくワタクシに向かいこういった。



『そんなに欲しかったら自分で稼いでこいよ。ホレッ勝負してこい。負けたら今月はきついけど勝ったらパソコン買えるぞ。』



そういい二万手渡された。

勝負て。まさか?パチンコ?マジで言っているのかい、お前さん?



んなうまい事いきっこねぇ!と渋るワタクシをパチンコ屋の前におろし、

あーたんと亭主は帰って行った。



一人パチンコ屋の前にぽつんと立ち、パチンコ屋を見つめるワタクシ。



前のワタクシならパチンコ屋を通り過ぎる事すら出来ない程のパチンコ好き

だったが今は怖くて恐ろしくて。



しかし、せっかくチャンスを与えてくれたのだから入らない訳にはいかない。そうだ!イチカバチカの大勝負!パソコン買えるかもしれないのだ!またパソコンが触れるんだ!でかい画面にキーを打ち込み、色々いじくりたおしたあの頃。あの頃の楽しかった思い出がよみがえる!泣いた事もあった!笑い転げた事もあった!時に悩み時にエロサイトでウハウハ!あぁ…!戻れるんだ!いいや!戻すのだー!



そう思いたったらもう後戻りできない。知らぬ間に台を選び、着席し玉まわっとるやん…



しかしだそんなうまい話などあるはずもなくもう一万以上つっこんでいる

、なかなかいいリーチにも恵まれず、舌打ちする事何十回。



ますます、リーチこず、後残り2千円。どうする?どうしよう?

金なくなる。最悪だ。胃痛くなってきた。



堅く握る右手が痛い。冷や汗が背中を伝いきもちわりぃ。



あぁ、止めときゃよかった…と涙が出そうになるのを堪えていたその時!



き、キターーーッ!!

きよったがなーーーっ!!



額の汗をぬぐいつつ、零れそうだった涙をそっとぬぐったわよ!



とりあえずは二万取り替えそう。そうよ、それだけでいい。もうやらない。

もうこんな心臓に悪い事はやらないわ。



その後なんとワタクシ、狂ったように連チャンしまくり15箱積み、

金に変えたところ八万ありました。



元金二万引いて、六万。なんか嘘のようなホンマの話。



パソコン買えそうです。



今週の日曜には買いに行ってきます。



こんな事もあるんだなぁ。
2007'04'02(Mon)06:51 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。