MARIA MANIA
Do you hate vulgar Babaa?
07≪ 2004| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
こんにちわ、今日はお休みで午前中のうちに

市役所とか銀行とか郵便局とかいってまいりました





この間の木曜日の朝っぱらから、なんや訳分からんことを

ウダウダとくっちゃべりながら娘が私の後ろを引っ付きまわるんですわ



うっとうしいくらいにピコピコと横から顔を出して

どうせ、たいした話じゃないんやろー



どうせ、シャーペンの芯買ってとか腹減ったとか

最近の漫才師がどうやとか月曜の給食はなんやとか

そんな話なんやろ、アンタの話って...



「おかぁさ~ん、塾行きたい」





........塾?





あまりに聞きなれない言葉に

ただ、黙って立ち尽くす私の前で娘は何故か正座



「私、真剣よっ!」と今にも言い出しそうな顔







ま「.....まじっすか?」







娘「.....まじっすよ」









びびりましたわ。



びびりました。



わたしゃ、親にお願いして行った事などないぞー

逆に無理やり塾に行かされましたけど



聞くところによると、英語と数学がまったく分からないらしく

来年受験生の娘は今から不安になってしまったらしい



しかたあるまい



行かすしかあるまい



結局の所、いい所が見つかり、今週から行くのだが

「先生、イケメンだらけー」などとウキウキの娘

まりあ家、またもや、貧乏な生活をしいたげられるのね



ま、しかたあるまい、とほほ


スポンサーサイト
2004'11'30(Tue)06:29 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
女神
やぁ、元気でしたか?

なんとか、生き延びているまりあはんです





徹夜続きで試験当日の娘はとても機嫌が悪く朝飯はご飯が食べたかったらしくでも、パンしかなくジャニ君の出来上がった弁当のふたを開け

何度も何度も覗き文句をいう娘



仕方なくパンを食べ出て行き寄りましたわ



昨日はとても幸運な日でジャニ君のお母様から電話があり

食べに行こうよとお誘いのお言葉



やた!!



外食やん!!



ええもん食べれるんやったら、わたしゃ、ついていきまっせ

お母さん、アンタについていきまっせ

少々のきついお言葉投げかけられても構いません

なんなら、殴っても構いません



だから、だから~



えっ?



す~し~?



えぇ!



えぇ!



寿司いいですね!



寿司食べたいです



たらふく食べたいです







いえ、お願いします



寿司でお願いします







えっ?







晩御飯作ったかって?







あります



ありますよ



昨日からおでん食ってます



今日もおでんでした



寒いから腐ったりしませんて



えぇ、行きます



今から行きます



飛んで行きます







ブチッツーッ、ツーッ、ツーッ







万歳三唱のまりあ家の3人車に飛び乗り向かうは実家

一時間かけてたどり着きホクホク顔で笑顔一杯でお母様を車に乗せ

イザ、寿司屋へ



まぁ、わたくしの話の弾む事弾む事



なんせ、この給料前のご時世で寿司をおごってくれる

女神のようなお人がいるんやもん



おべんちゃら、こそばゆいお世辞言いましたがな



そう、すべては寿司のため!



遠慮してるように見せかけつつもウニ、中とろ、いくら、あわびを頼む私

合間合間にお母様へおべんちゃらも入れて

しかし、お母様が話してる事は殆ど覚えてない私

殆ど、次はどれ、いてまおうかとそればかり

たらふく食べた後、実家へ戻ったら

「お米ともらい物のせんべいあるんだけど、持って帰る?」





惚れました!





結婚してください!お母様!



2004'11'22(Mon)06:31 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
アダルトビデオ
今日はまた一段と寒くなり
起きてはいるけど本能的にこたつから出られません
パッパッとすりゃあ、サッと片付くのによ
こたつから軽やかに飛び出していく勇気が
まりあにはありません

洗濯機よー君がこっちへ来たまへー
さぁ、たまには君が出向きたまへー

今日もまただらだらのまりあはんです
おはようございます♪

ジャニ君とビデオを返しに行く途中
私はあのピンクのカーテンの向こうへと
たまには行ってみたいんだと言ってみた

何処やってか?

そりゃ、あ~た、未成年お断りの禁断のコーナー

車の中でアダルトビデオについて
どんなのがいいかなんて話の花がまぁ咲くこと咲くこと

おばはんでもみたってええやん
たまには、おばはんかて楽しみたい

そして、ジャニ君の後ろにピッタリと張り付き
禁断の世界へとわたしゃ、足を踏み入れた

あたり一面には淫らなね~ちゃん達によって繰広げられている
あんなポーズやこんなポーズ

( ゚ρ゚ )

( ゚ρ゚ )

( ゚ρ゚ )


ハッと気がつくと、ジャニ君いないやん


あのヤローもう私なんて眼中にないやん
やっぱり男やん
ある一角でうずくまるジャニ君
後ろから|_ー)と


「ザ、OL痴漢特集」


Σ(゚Д゚)ち、ちかん??

ジャニ君の趣味は痴漢だったのー?

痴漢ジャンルでもくもくとパッケージの裏をみているジャニ君
私がいるのも気づかずに
今夜のオカズを探すおっさんの如く
食い入るようにパッケージを見つめるジャニ君

さっき車のなかではそんなん言わなかったやん
(お前が一人で喋っていたからやろ?)

あぁ、私もそのように食い入るように見つめられたいもんである

仕方ないので私も自分好みのジャンル探しの旅に出た

しかしだ

おっさんいるやん
おっさんいたら探しづらいやん
そこ、私が探してるジャンルのとこやん
おっさんも同じ趣味なんか?
おっさんもこんなのが好きなんか?
おっさんお勧めどれー
おっさん私に凄いノン探してんかー

などと心の中で呟きながら(呟くな!)
おっさんが居なくなるのをまったが
一向におっさんはその場から離れようとはしない

仕方ない
並んで物色

ちろちろと物色しているとある題名が私の目に飛び込んだ


「ナース折檻」


せっせっかん.....


パッケージを見ると縄登場ですわ
ナースのねいちゃんくくられてる....
恥ずかしい程にくくられてる....


よっしゃっ!これや!!


おっさんの前であまり真剣に後ろをみるのは
少しばっかしはずかしいまりあ

すかさず、「ナース折檻」を手にとりその場から
走り出すまりあ
も少し選んでいたかったが、後ろ髪をひかれつつも
ジャニ君を探した

今度こそ、誰も居ないときを狙って
ゆっくりと選んでみたいまりあはんでした



2004'11'13(Sat)06:32 [ ワタクシの日常話 ] CM0. TB0 . TOP ▲
娘の失敗
今日も元気に朝の五時から起きております、まりあはん

あぁ、長い事日記なんぞ書いてなかったから

何気にとても、緊張、何気にこっぱずかしい



夏の出来事なんやけど、ちょっと聞いとくれ



ある夏の日、私は部屋の模様替えをし、収納タンスがひとつ空いたんで

台所に置き、その収納タンスにタオル類を入れようと思い立った

そして、娘にも自分の部屋にあるバスタオルやらを持ってこいと言ったんだ



バスタオルを2枚ほど持ってきた娘が



娘「アッ待って!もひとつある!あれが一番邪魔なんだよ~」



と部屋に帰り、持ってきたものは



母「あんた~これ、タオルケット」



娘「えっ?タオルケ?えっ?なに?」



母「バスタオルじゃなくて布団代わりにこれ掛けて寝るやつやんか」



娘「バスタオル違うの?バスタオル違うの?バスタオル違うの?



バスタオル違うの?バスタオル違うの?違うの~?」



母「しつこいなぁ、ちゃうちゅうてるやろ!何よ!どうしたんよ?」



あまりに慌てて、ひきつった笑みを浮かべる娘

聞いてみて、びびった。



床にひれ伏せて頭を抱えて話し出した娘



...笑わずにはいれなかった





娘はあるプールの授業がある日にこのタオルケットを

バスタオルと間違え学校に持っていったのである

しかも、かばんに入るサイズではないので両手一杯抱えて



学校まで運んだそうな。



(これだけでもアホかと思うやんな?)



そのタオルケットとはダブルベットすっぽり隠れるくらいの

サイズでしかも毛布並みの厚さ



それをプールの授業が終わり体を拭いていると

びびったのはクラスメート



145センチの体をすっぽりならず、ずっぽりとかぶり

それでも、あまりきったタオルケットは床に

花嫁の長いベールの如く引きずっているのである



一人一人が目を丸くして娘に



「これって.....?バスタオル....?」



「うん、そうだよ~」ニッコリ



あほか?おまえ?あほか?おまえ?あほか?おまえ?



あほか?おまえ?あほか?おまえ?あほか?おまえ?






あまりに床にズンだれているので見るにみたねた

クラスメート2名が花嫁の長いベールを持っているかの如く

娘が拭き終わるまで持っていてくれてたらしい(お優しい)



しかも、最後に丁寧に2人がかりでたたんでくれたらしい



それをまた、抱えて、家まで帰ってきたそうな

何度もいうようだが

そのタオルケットとはダブルベットすっぽり隠れるくらいの

サイズでしかも毛布並みの厚さ



普通その大きさで学校に持って行くの嫌やんなぁ

何故に娘はそんな大変な思いまでして

運んだのか、不思議でならない



けっこう、苦労好きなやつなのか?



でも、笑えて笑えて、笑うな!と言われれば言われる程

笑えて、私は腹がよじれる程笑った



少し、くやしい

こんなおいしいネタを持っているなんて

私もそんなおもろいネタ欲しい(おい、ネタにスンのか?)



ジャニ君が帰るなり、またその話で大笑い

顔を真っ赤にして怒る娘にまた大笑い



娘よ



また笑かせてくれー



母は待ってるぞー
2004'11'12(Fri)06:34 [ 長女の日常話 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。