MARIA MANIA
Do you hate vulgar Babaa?
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
保育園の行事に参加してみた。
怪しげな天候の中、次女あーたん通う保育園へと催しがあるというので
仕事休んでいってきたんだ。

今日はお母さんと一緒だよ。なんて言ったら有頂天で保育園に行くのに
何故か三輪車で行くと聞かないので、コーポ下で10分もやめろ!だめだ!と
すったもんだよ。まったく。

仕方なく根負けして
aa1.jpg
キコキコとチョウスピードで三輪車をこぎ、ハイテンションな娘の後を付いていくワタクシ。

さて、保育園についたはいいが、まるでお友達がいないワタクシはあーたんが走り回る中
ひとり寂しく立ち尽くす。
誰かしら皆知り合いらしく、誰か来るたび「やぁ!」「あぁ!」などと声を掛け合ってる中
その横でぽっつーん。めっちゃ寂しいわ。
娘の書いた雪だるまを眺めながら

aa2.jpg
寂しさ紛らわす。
まぁ、そんなことよりも下でモクモクと煙が上がっているものが一番ワタクシ目当てな催しだ。
aa3.jpg
そうそう、お餅付きがあって、お餅引換券つうのをもらっていたのでどうやら突き立てのお餅をくれる
らしくそれが前々から目当てでした。それだけが目当てできたんだ、ホンというと。


すると、親子で色んなものを作って体験できる催しへとあーたんがやりたいというので
ここは嫌だなんていえないし、娘のために足を運ぶ事に。
つーのもこういう作る物が凄い苦手で出来ればやりたくないのだ。
まったくダメな母親とはワタクシの事よね。だってヘタやねんもん。
何作らしても、雑でヘタやねんもん。
そういうの、絶対うまい人っているやんかー。そういう人に限っていっつも隣になってしまって
過去長女の時も「おかーさん!へたくそっ!」泣かれた事があったんだ。
まいったよ、嫌な思い出だよー。

で、暑くもないのに何故か汗だくなってたいしたもんでもないのに作ったわいなー。
aa4.jpg
イソイソと作っていると、横でお母さんが可愛く子供と一緒に絵を書いている。
ひえーっ書かなあかんかー。あかんのかー。
とりあえず、誰でも書けるであろうハートなんぞ、一杯書いたりして。
その場はしのいで。
餅が気になっているのに、あーたんはその横で作っているデンデン太鼓へと走り出した。
デンデン太鼓ぐらいどうってことないけれど、何やらコレも絵を書かなきゃならないようだ。
あーたんに丸くきった画用紙を渡し書いてというと

「ママ、アンパンマンだよ、アンパンマンかーいーてー!」
横見ると、うほっ皆アンパンマンやらバイキンマン書いているし、どらえもんまでおるやんけー。
最悪、最悪、むりむりむり、書けない、絶対書けないっ!


aa5.jpg

めっちゃ震える手で書いたがな。ワシ書いたがな。
横で書いているお母さん、めったくそうまくて横目で見ながら一緒に書いたって。
もう、カンニング状態で必死のパッチで書いたって。
とりあえず、ヘタクソやけどあーたんが喜んでくれたので何とか母親の役目は果たしたであろう。
だからお餅。お餅。一ヶ月前から待ってたって。お餅。お餅いこいこ!

しかし、
aa8.jpg
色々なゲームの催しの嵐で、中でもトランプリン初体験で気に入ってしまい飛ぶ飛ぶ飛ぶ。

aa9.jpg
もう、ずっとこの状態。オリンピック選手が練習してるかのごとく凄い勢いでずっと飛んどんねん。

しまいに降りてきても
aa11.jpg
飛ぶ事が止められずにずっと飛びっぱなしてどうやねん。
一度、外に出るが、又戻って飛ぶ飛ぶ飛ぶ。
でもって降りてきてもずっと飛びっぱなしでフラフラ。

そろそろどうや、お餅行こうと半分いかり爆発寸前になりながら、引きずってお餅もらいに行く。
aa7.jpg
そして、餅つきもさせてもらい、ようやく
aa6.jpg
念願の餅にありつけた時の嬉しさといったらっ!
こういうところで食べる物ってどうしてこう、おいしいんだろうね。
大したことないのに。でも、ちょっぴり誰とも話することなく寂しかったけど
こういう時、引っ込み思案な自分が憎いわ。ううう。

aa12.jpg
やっとこさ、念願の餅を食い、後は残りの手品のおっさん見るだけになり。

けっこう空いていたので、やれやれと腰を下ろしたのもつかの間。
あーたん手品には興味がないらしく、又走ってトランプリン。
それから帰るまでずっとトランプリン。
飛びすぎてさっきの餅吐くなよ、おい。

催しも終わりになり、帰り三輪車に乗り走り出したはいいが、さっきのトランプリンで疲れてしまい
めっちゃ不機嫌になり「三輪車、いや!乗らない!」と蹴り倒す。

なぐったろうかと思いましたわ。
泣くわが子の手を引き、三輪車グニャグニャ押しながら変な中腰で家路に着いた。
今...めっちゃん腰痛いです。
スポンサーサイト
2009'02'13(Fri)19:52 [ 次女の日常話 ] CM2. TB0 . TOP ▲
一緒に分かち合いたかった...
今日のお昼、トイレトレーニング中のあ~たんが始めて何も言わずに一人で
おまるでウンコをしたんだ。

その喜びといったらもう涙がこぼれ落ちそうなくらい嬉しくて嬉しくて
もうウンコまみれのパンツを素手で洗わなくてもいいんだとか
もうたっかい金払ってトレーニングパンツ買わなくていいんだとかそんな事が頭によぎりまして。

えぇ、えぇ、もちろん、あ~たんの成長が一番です。
一番嬉しいのはまさにその事よね。
抱きしめて抱きしめて、苦しくて泣くほど抱きしめてやりましたわ。

その時、とっさに思い浮かんだのはそう紛れもなく子供の成長を
共に喜び悩み泣く亭主の事だ。

そうそう、連絡してあげなきゃ何よりも先に一緒にこの喜びを!


そう思い写メール送りました。
泣きながら送りました。

だのに


「昼飯中にこれはないよぉ。ウンコ送ってくるな!」と言いはりましてーん。


ウンコした証拠の写メールをあの亭主は送ってくるなと。
こっちは泣きながら写メに収めたというのに。

涙でウンコが見えなかったというのに。


涙でウンコが見えなかったというのに。



涙でウンコが見えなかったというのに。





なのに初めてのウンコよりも昼飯が大事だなんて。
ワタクシなんかウンコ眺めながら昼飯食ったのに。

男ってそんなものね。そういうものね。
最低ね。フッ
2008'08'13(Wed)17:14 [ 次女の日常話 ] CM6. TB0 . TOP ▲
我が家のおてんば娘
うちには2歳7ヶ月の誰に似たのか、個性溢れるおてんば娘がいる。
掃除した矢先、ものの5分でおもちゃを出しまくり踏み倒し蹴飛ばし踊りまくる。
暴れてるのかと思ったら踊っていたみたいや。


aatann1.jpg

そのおもちゃを踏みすっ転び持っていたお茶をひっくり返すワタクシ。
もう勘弁して欲しい。


暴れ狂う踊りに飽きると今度はマットレスとタンスの間に入り込み
身動きできない状態で遊ぶ。自分は動けないんや、アレ取ってくれや。と呼びつける。
出れる癖に出ない。挙句に出れる癖に「ママ~た~す~け~て~」と泣くわけでもなく
素の顔で叫ぶ。うるさいので出してやると又入り込み叫ぶ。


aatann2.jpg


何回も素の顔で。けったくそ悪いガキやで。


けったくそ悪いクソ娘が今一番興味あるのが亭主の放尿シーンだ。
あまりに頻繁に亭主の後をおってトイレに入り込むからカギをかけた所吐くほど泣いたので
亭主諦め、放尿シーン横から見られながら笑われている。
しかも、たまに手が出て竿をつかまれ振り回されるので見事に即効風呂行きとなる。
しかもワタクシもトイレの後始末に追われている。なんでワタクシがこんな...こんな...


そんなあ~たんに昨日の夜からおしゃぶり卒業という試練を与えてやった。
えぇ、もうそろそろどないかせんといかんと思っていたのでとうとう昨日の夜から
何度も起きて探す娘をなだめなだめ、ようやく朝になり今現在、一言も「シャーブー!」と
聞いてません。

お陰でワタクシ寝不足でヘロヘロですが、娘の為に今日も耐えて見せますわ。
ひいひいひい。
2008'08'01(Fri)11:03 [ 次女の日常話 ] CM4. TB0 . TOP ▲
凹みますわ。
ある日の出来事。

晩飯を食らい、ほっとひと息しているある夜9時の出来事だ。

布団に寝そべった亭主が足をもみながら「今日は足が凄い辛い。だるいよ~」と言っていた(らしい)。



するとそこへ2歳半の次女あ~たんが台所へと駆け出した。



何をするのかと思いきや、コタツを台にしてよじ登り冷蔵庫を開け、背伸びをしヨロヨロとひっくり返りそうになりながらやっとこさサロンパスを取り出し又部屋へと駆け出し、後ろのシールをはがし蔓延の笑みで亭主に



「ハイ、どーうぞ。」と手渡した(そうだ)



亭主、おもむろに次女を抱きしめ「お前と言うヤツは!お前というヤツは!」と叫んでいる。

まったく知らなかったんだ、ワタクシは。



寝ていたのか、何処かへ行っていたのかとお思いでしょうが、すぐそばにおりましてん、ワタクシ。

せっまいせまいボロコーポの部屋のしかもすぐ真後ろにおりましてん。



その時、ワタクシ胡坐をかいて、携帯のiアプリのファイナルファンタジー2のラスボスを倒すのに夢中でして



一人黙々と「まだ死なんのか、このアホンダラッ!」だの「しばくぞ!おっさん!」だの「お前なんかっ!この魔法でグチャグチャにしてもうたる!」などと携帯に向かって体を揺らしながら、罵声を浴びせてましてん。



後からこの話を聞かされ、亭主から言われました。





「うちは嫁イラズ」と。





凹みますわ~。(お前が悪い)









JUGEMテーマ:日記・一般





2008'07'02(Wed)01:23 [ 次女の日常話 ] CM1. TB0 . TOP ▲
危ない呼び名。
うちのあ~たん、おしゃぶりを今だ使用。

ダメだと分かっているんだが、どうしてもおっぱい離れと同じで

決意、勇気がいるんだよなー。



しかし、歯科検診で何も話してないのにも関わらず、一発で指摘されたと言うことは

歯がおかしな方向でも向いているのか、コラ困ったな。



でもって、この間一切おしゃぶり与えずに寝かしてみようと試みたんだ。

しかし、まったく寝ようとしてくれず、1時になり2時になり親の方がクタクタになり

「いいよね、今度でいいよね」と2人して泣きそうな声で話す。



そして今だ取れずにいる。

ま、それはそうとこの間ベランダで遊んでいたあ~たん。

不意に口からおしゃぶりが離れ下へと落下。

とたん、号泣。この世のものとも思えないくらいの泣き声に外にいる人も見る。

しかもうちのあ~たん、おしゃぶりを





「シャブ」と呼んでいるんだ。



まったくもってこの呼び方、ちとやばいではないか。

いやいや、すんごいヤバイではないか。



ベランダで「シャブー!」と号泣しながら手を伸ばしているあ~たんに外の人も不思議そうに見ているではないか。まさか、こんな子供がとは思わなくてもきっときっとこの家のヤツは危ないモンやっているんじゃないかという目でみている。

おいおい、ヒソヒソと立話すんじゃないよ、そこのババァ。



変な噂立てられちゃあ、たまったもんじゃねぇや。

そう思い急いで一階の庭へと入り込み手を大きく上げ、これでもかってくらい大きい声で



「ホラ!おしゃぶりあったよー!ホラあったよー!おーしゃーぶーりぃぃ!



分かっただろう。分かっただろう。

こんなボッサボッさのヤンキーババァだが一切変な事はしておらんのじゃ。

分かっただろうが。



家へと戻りおしゃぶりを洗い手渡すと

「あははっあははっしゃ~ぶ~」



やめてよ、その呼び方。

早く取らないとな....
2008'04'30(Wed)01:51 [ 次女の日常話 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。